新車と中古車は査定で何か違うことはあるの?

車の査定に行くとき、新車と中古車ではどちらのほうがいい値段がつくと思いますか?これは絶対というわけではないのですが、本来ならば新車の方が相場が高いといわれています

この理由としては新車の方が新しいモデルのものもありますし、のです。この先まだまだ長く乗れる車はやはり高い値をつけて売却することが出来るため、査定を行っている会社も高めに査定額をつけることになるのです。一方で、中古車の相場というのは人気の車種ですと高めの設定になっているのですが、中古車を取り扱っているお店がたくさん在庫を抱えている車についてはやはり相場の値段も低めの設定になっています。最近では、ワゴンよりもファミリーカーよりも乗用車よりも軽自動車が一番よく売れる車として人気を集めています。そのため、軽自動車の中古車でもよく売れるので高めの設定をしてくれるところも多いようです。新車と中古車では何が違うのかというとこのような差があることになるのです。しかし、新車の車でも長く乗り続けていて走行距離が長い車や傷の修復歴があるような車についてはやはり値段も下がってしまいますので、一概に新車よりも中古車の方が値段の設定を低くされてしまうとは言えないのです。中古車を購入してその車を売却するとしてもその車種が人気のあるものであれば査定額が高くなることもあるのです。そして、車の人気というものも変わっていきます。今は軽自動車が人気を集めているようですが、軽自動車以外にも車には種類があります。

前述にもありますワゴンやファミリーカー、乗用車などの種類もありますので次にどの車が人気のあるものになるのかはわかりません。相場の値段を知る方法で一番手っ取り早い方法というのはインターネットに車検証の情報を入力することです。相場の値段になりますので今の価値について詳しく知ることはできませんが、すぐに確認できるのでとても便利だといわれています。複数の会社で査定をお願いする場合などもインターネットを使って行う人が多いようです。査定は奥が深いものです。自分の車の価値について詳しく知るためにはこの査定を行わなければなりません。売却をする前だけではなく車について詳しく知りたい方も査定を行うことができるのです。車に興味があり車のことを詳しく知りたいと思っている人は一度査定にいってみるといいですね。

新車と中古車は査定で何か違うことはあるの?

車種と型式で何がわかるの?

車の中には必ず車検証というものを積んでおかなければなりません。車の保険に入る時も必要になりますし、車の整備を何かお願いする時や、車のワイパーなどの消耗品費を交換する時にも車検証が必要になります。カー用品店で消耗品や電球を交換したりする時なども車検証を見ることによりどの商品なら使うことが出来るかなどがすぐにわかるといわれています。

車検証で何をチェックしているのかというと、車種と型式を見ているのです。この車種と型式を見ることにより車にあう部品や消耗品を見極めることが出来るのです。ワイパーなどでもたくさんの種類が出ています。車の種類によってワイパーの長さが違うので種類を確認するのには車種と型式がわかるのが一番早い方法なのです。この車検証というのは車を売却したい時や査定を行いたい時にも確認が必要になります。実は査定を行う時に車検証を提示することによりその車の車体価値の相場が決まるのです。車検証を提示してそれから走行距離を確認して今の車の車体価値を決めます。そしてそこから傷がついているところがあれば減点をして、修理歴があったりした場合も減点をされることになります。

他にも減点されるようなポイントがあれば相場の値段から引かれていきます。車体価値の相場というのは変動します。新しい車がでてくるとその前に出た車は細心のものではなくなりますので少しだけ価値が下がります。そのため、売却する時期も選ぶ方が良いといわれています。査定を行ってからすぐに売却をすることで価値が下がらずに売却することができます。もし、査定を行ってから1か月以上たってから売却を考える場合は再度査定を行うことになります。その時は若干ですが相場の価値が下がっている可能性があるということを頭に入れておいてください。

車種と型式で相場がわかるといわれているため、インターネットなどで簡単に相場をみることができるのです。このインターネットで確認する場合は、車検証通りに入力をして走行距離を入力することにより相場の値段を見ることが出来ます。しかし、これはあくまでも相場の値段になりますので本体を見て傷などがあればそこから値引きという形になるようです。大きな傷は減点ポイントになりますが、小さな傷やワックスで落ちそうな汚れについては減点対象にはならないようです。しかし、査定をしてもらう場合はなるべく車をきれいな状態にして持っていくようにしましょう。

車種と型式で何がわかるの?

車の査定でチェックしている場所

自分ではきれいに車に乗れていると思っていても、査定士の方から見てみると傷が多かったり中が汚いと判断したりすることがあるようです。査定士という職業は車の価値についてみることが出来るプロの方のことを言います。

私たち素人が見ただけではわからないような塗装をした場所や板金をした場所を見ただけでわかったり、細かな傷がたくさんあるのをすぐに見つけることが出来たりする目を持っているのです。査定を行う人というのは売却をする予定の人もいれば、車の価値を知りたいだけの人もいます。売却をする人にとっては、車を少しでも高く売りたいのできれいにしていく必要があります。車の細かな傷というのは実はワックスなどをつけたら落ちることもあるのです。そういった細かな傷というのは査定にもっていく前に落としておくことをオススメします。

そして他にも見る場所というと、車の中になります。車の中にはよく砂が落ちていたり椅子が汚れていることがあるようなのですが、それもあらかじめ落としているほうが減点されずにすみます。基本的に車の中と外だけを見ると思っている人が多いようなのですが、査定はそれ以外にもみるところがあります。一番重要なポイントはエンジンルームや電装品関係のところになります。エンジンルームは人間でいう心臓の部分になります。心臓が動かない状態ですと大変なことになりますよね?そのため、エンジンルームを見るのはとても大切なポイントになります。他にも車を改造している場合、車検にひっかからない程度に抑えられているかなども確認されます。車体の低さなども見られますので無茶に改造している車は査定もできないようです。査定士の方は車の全てを確認します。何か不自然なところがあればその場所については指摘をしてきます。売却を考えている場合は査定士の方が指摘をしてきたらその場所を基に戻してからしか査定ができません。基本的には査定をして売却をした場合、そのあとに価値が変更になることはないようなのですが、犯罪行為などを行っている車については変更になる可能性があるようです。それは、車の走行距離を巻き戻していることなどが分かった場合です。

走行距離は査定で重要なポイントになります。テープを巻き戻して高く売ろうと思っている人がいるようなのですが、後々必ずばれてしまいます。こういった行為は絶対にしないようにしましょう。大事に乗り続けた車のありのままの価値を知るための査定です。ズルはしないようにしましょう。

車の査定でチェックしている場所