車の査定について

車を購入して大事に乗り続けていくと年数がたつにつれて故障個所が目立つようになってきたり汚れが目立ってくるようになることもあると思います。

そして、独身の時に軽自動車を購入した人などは、結婚してパートナーができ子供が生まれたりすると軽自動車では少し狭いと感じるようになり、新しく大きめのファミリーカーなどを購入することを考えたりすることもあると思います。車を新車で購入するとなると大きな買い物になるといわれていますが、中古車ですと新車に比べると安い金額で購入することが出来るといわれています。

中古車を購入するためには、中古車がたくさんないと購入してもらうこともできません。

新車を購入した人が長く乗り続けて、それを売却することにより中古車になり販売するという流れになるのです。その売却をしてもらう時に、実は車のことを一度しっかりと見てもらうことになります。この見てもらうことを査定と呼んでいます。この査定というのは何がわかるのかというと、今の車の状態がわかるのです。車の状態というのは車の中だけではなく、外側からみた外見というのもきっちりと見られることになります。車に普段乗る時、車のドアを開けなければ乗ることはできません。ということはノブを持つことになります。そのノブの部分を良くみてください。車の車体の部分にツメが当たってしまって傷ができていることがあるのです。これは本当によくあることで特に女性の方で爪が長い人は傷が多いといわれているのですが、ノブの部分に多数の傷がついていてひどい場合では塗装がとれるほど傷が多い場合もあるようです。あまりにも傷がひどい場合は減点ポイントとされてしまいます。

このように、外からの見た目も重要なポイントとなっており査定を行っている人は目を光らせているのです。大きな傷などは目立つため減点ポイントが大きくなり、小さな気づくか気づかないような傷というのは減点ポイントは少しだけになります。査定を行う場合、もともとの車体の値段というのは各会社によって違うといわれています。例えば、軽自動車のもともとの価格が50万円だとします。車に何も異常がなくこのままでも売りに出せそうな状態だった場合、査定額は50万円になります。しかし、傷などが目立っている場合や少し整備をしなければならないような減点ポイントがある場合は、その減点ポイントに応じて査定額が下がっていくということになるのです。査定を行う時間は30分ほどになります。車についてもしっかりと説明してもらうことができますので車の価値を知りたいと思っている人は一度査定にもっていってみるといいですね。

車の査定について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です