査定でわかることとは?

乗り続けてきた車を売却したり下取りをしたりする時、大事に乗ってきた分やはり少しでも高い価値を付けてほしいと願うものです。大事に乗ってきている人は特にそう思うと思います。

しかし、車はよく見てみると傷がたくさんついています。傷一つない車を目指そうと思うと車にぶつからない、車の近くを誰も通らないようにするなど徹底しなければ無理だといわれています。車は走りますがアスファルトなどの石を巻き込んでしまうことによりボディに傷がついてしまうこともあるようです。こういった小さな傷というのは査定をして売却する時に減点ポイントになりますので少しでも少なくしたいですよね。では、実際に車の査定を行う時、どのようなことがわかりそしてどの部分まで調べているのでしょうか?

車の査定を行っている人はプロの方になります。車の傷などをすぐに見極めることもできますし、板金や塗装をしたところも見極めることが出来るといわれています。

少しでもおかしいと思った部分については減点していくといわれています。しかし、査定をしている人は一人だけではありません。ですので、見る人によっては査定額が多少上下することもあるといわれています。査定でわかることというのは車の現時点での売却値になります。今この車を売りにだすとするといくらぐらいで売れるのかというのを査定するということになるのです。査定で一番初めに調べるのは車検証を見てその車の車種や型式などを見て上限となる金額を決めます。そして車の全体をみることになるのですが、車の外側から見える部分だけではなく車の中もエンジンルームの中もタイヤなどの足回りなども確認してみることになっています。そして傷や何か不具合を見つけたらその分、減点していくということになるのです。そして中身で一番大事なことというと走行距離になります。

走行距離が長ければ長いほど車を長く使っているということになるからです。売却する時は走行距離が短いほうが高く売れ、走行距離が長いほど価値が下がるといわれているのです。そして車検を行っている時期なども確認されます。車検までの時期がまだ残っている場合も価値が高くなるといわれています。車一つ一つにより査定額も違いますし、価値も変わってきます。少しでも高く売る為にはきれいに乗り続けることも大事ですが、売る時期なども考えたほうが良いといわれています。査定を行ってから売却をすることを考えているのであれば、査定をする場所と時期を確認してから行うようにしましょう。

査定でわかることとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です