車の査定でチェックしている場所

自分ではきれいに車に乗れていると思っていても、査定士の方から見てみると傷が多かったり中が汚いと判断したりすることがあるようです。査定士という職業は車の価値についてみることが出来るプロの方のことを言います。

私たち素人が見ただけではわからないような塗装をした場所や板金をした場所を見ただけでわかったり、細かな傷がたくさんあるのをすぐに見つけることが出来たりする目を持っているのです。査定を行う人というのは売却をする予定の人もいれば、車の価値を知りたいだけの人もいます。売却をする人にとっては、車を少しでも高く売りたいのできれいにしていく必要があります。車の細かな傷というのは実はワックスなどをつけたら落ちることもあるのです。そういった細かな傷というのは査定にもっていく前に落としておくことをオススメします。

そして他にも見る場所というと、車の中になります。車の中にはよく砂が落ちていたり椅子が汚れていることがあるようなのですが、それもあらかじめ落としているほうが減点されずにすみます。基本的に車の中と外だけを見ると思っている人が多いようなのですが、査定はそれ以外にもみるところがあります。一番重要なポイントはエンジンルームや電装品関係のところになります。エンジンルームは人間でいう心臓の部分になります。心臓が動かない状態ですと大変なことになりますよね?そのため、エンジンルームを見るのはとても大切なポイントになります。他にも車を改造している場合、車検にひっかからない程度に抑えられているかなども確認されます。車体の低さなども見られますので無茶に改造している車は査定もできないようです。査定士の方は車の全てを確認します。何か不自然なところがあればその場所については指摘をしてきます。売却を考えている場合は査定士の方が指摘をしてきたらその場所を基に戻してからしか査定ができません。基本的には査定をして売却をした場合、そのあとに価値が変更になることはないようなのですが、犯罪行為などを行っている車については変更になる可能性があるようです。それは、車の走行距離を巻き戻していることなどが分かった場合です。

走行距離は査定で重要なポイントになります。テープを巻き戻して高く売ろうと思っている人がいるようなのですが、後々必ずばれてしまいます。こういった行為は絶対にしないようにしましょう。大事に乗り続けた車のありのままの価値を知るための査定です。ズルはしないようにしましょう。

車の査定でチェックしている場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です