車種と型式で何がわかるの?

車の中には必ず車検証というものを積んでおかなければなりません。車の保険に入る時も必要になりますし、車の整備を何かお願いする時や、車のワイパーなどの消耗品費を交換する時にも車検証が必要になります。カー用品店で消耗品や電球を交換したりする時なども車検証を見ることによりどの商品なら使うことが出来るかなどがすぐにわかるといわれています。

車検証で何をチェックしているのかというと、車種と型式を見ているのです。この車種と型式を見ることにより車にあう部品や消耗品を見極めることが出来るのです。ワイパーなどでもたくさんの種類が出ています。車の種類によってワイパーの長さが違うので種類を確認するのには車種と型式がわかるのが一番早い方法なのです。この車検証というのは車を売却したい時や査定を行いたい時にも確認が必要になります。実は査定を行う時に車検証を提示することによりその車の車体価値の相場が決まるのです。車検証を提示してそれから走行距離を確認して今の車の車体価値を決めます。そしてそこから傷がついているところがあれば減点をして、修理歴があったりした場合も減点をされることになります。

他にも減点されるようなポイントがあれば相場の値段から引かれていきます。車体価値の相場というのは変動します。新しい車がでてくるとその前に出た車は細心のものではなくなりますので少しだけ価値が下がります。そのため、売却する時期も選ぶ方が良いといわれています。査定を行ってからすぐに売却をすることで価値が下がらずに売却することができます。もし、査定を行ってから1か月以上たってから売却を考える場合は再度査定を行うことになります。その時は若干ですが相場の価値が下がっている可能性があるということを頭に入れておいてください。

車種と型式で相場がわかるといわれているため、インターネットなどで簡単に相場をみることができるのです。このインターネットで確認する場合は、車検証通りに入力をして走行距離を入力することにより相場の値段を見ることが出来ます。しかし、これはあくまでも相場の値段になりますので本体を見て傷などがあればそこから値引きという形になるようです。大きな傷は減点ポイントになりますが、小さな傷やワックスで落ちそうな汚れについては減点対象にはならないようです。しかし、査定をしてもらう場合はなるべく車をきれいな状態にして持っていくようにしましょう。

車種と型式で何がわかるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です